大学中退者の就職活動について

 大学中退者の就職活動について書きたいと思います。現在の大学中退者の率は私立の大学で12パーセント程度、、国公立で8パーセントぐらいの中退者がいるといわれています。

 

 実に私立の場合は8人に1人。国公立の場合は13人に1人の中退者がいる事になります。私の友達も大学を中退したのですが、就職活動は大変だったそうです。

 

 やはり、中退というと単位取得退学とちがって、中途半端な人と思われてしまうと言っていました。中退しない事に越した事はないのですが、もし中退してしまった場合の就職活動はやはり、ハローワークや民間の求職サイトになると思います。民間の求職サイトの場合は、中退歓迎といことは書いていることはありませんが、ハローワークの求人の場合は、きちんと高校卒業以上など学力を書いている求人があるのでハローワークでの就職活動の方がはやく就職できると思います。

 

 大学を卒業した場合は、卒業後も進路の相談に乗ってくれる大学が多いですが、さすがに中退者まで面倒を見てくれる大学を私はしりませんので、自力で求人先を探してくるしかありません。

 

 そして、面接の場合には、どのような会社でも確実に何で中退したのかを聞かれてしまいますので、その質問への受け答えをきちんとできるようにもしてないといけません。一番いい答え方として、何か違う目標ができたとかいうのがいいと思いますが、自分の言葉できちんと説明できるようにしとかなければ、何社面接を受けても、落とされてしまいますので、きちんと面接対策もした方がいいと思います。